顔のむくみと病気について

///

///

顔のむくみと病気

顔,むくみ,病気

顔のむくみには、アルコールや塩分の摂り過ぎ、疲労や運動不足などの一過性の原因で起こるものが多いとされます。

しかし注意が必要なのが、病気による顔のむくみです。

顔色や肌のつやには健康状態が出るとされます。むくみも同様で、何らかの病気によって現れるむくみがあり、適切な対応もせずにいると大きなダメージを追う事があります。

顔にむくみが出る疾病で代表的なのが腎臓病です。

急性腎炎・慢性腎炎やネフローゼ症候群といった腎臓病は、むくみが顔から始まるケースが多く、徐々に足や手などの他の部分に広がっていくとされます。

顔のむくみが引かずにタンパク尿になったり、高血圧の症状が見られるようになりますから、早めに医師の診察を受けましょう。

また、心臓病も肝臓病でも顔のむくみが起こります。

この場合、顔よりも足のむくみが先に気が付くことがありますが、顔にまでむくみが出るのは症状が進んでいる状態であり、呼吸困難なども併発しているならすぐにでも病院で検査を行います。

それから、甲状腺機能障害や貧血でもあります。

疾病によるものと一過性のものとでは見極めが難しいこともあります。

顔のむくみが1週間以上続く、尿量が減ったり血尿がある、胸が苦しくなるといった異常があるなら病院で受診しておくのが懸命です。