顔のむくみのメカニズムについて

///

///

顔のむくみのメカニズム

顔,むくみ,メカニズム

顔のむくみは、前日お酒をたくさん飲んだ時に起こりやすいとされます。

お酒を飲んだ次に日の朝、起きて鏡をのぞくと、顔がパンパンにむくんでお化粧もままならないと言う方もいるでしょう。

足は長時間の立ち仕事や血行を妨げる服装などでむくみやすいようですが、顔の場合はアルコールや塩分の摂り過ぎで起こることが多いとされます。

顔がむくむメカニズムは、顔の皮膚の下に水分が溜まるのが元になり、夜横になって眠ると、体が水平になることで体内の水分が顔の方にも移動します。

朝、顔のむくみに気付きやすいのは、こういった理由があります。

しかも、お酒を飲んで血中アルコール濃度が高くなると血管が拡張し、水分の処理が追いつかず、顔のむくみとして体内に水が溜まったままになります。

このような原因で、顔のラインが下膨れのような状態になったり、目の周辺が腫れたように見えるのです。

特に、まぶたのような皮膚の薄い部分は、むくみも目立つようです。

顔のむくみを取るにはマッサージが効果的です。顔のリンパに沿って行うリンパ・マッサージは人気の解消法とされ、ゆっくりお風呂につかるのも血行が良くなるのでおすすめです。

塩分やアルコールを控えるように気を付ける事も大切ですから、顔にむくみが出やすい方は普段の生活から予防するようにしましょう。