顔のむくみと妊娠 について

///

///

顔のむくみと妊娠

顔,むくみ,妊娠

顔にむくみが出やすいのは、妊娠中の女性も含まれます。

女性ホルモンのバランスが崩れると、むくみが顔や足に出やすいとされ、妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されることもあってか、むくみが出やすい時期とされます。

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんに血液が行き渡るよう血液量が増え、よって体内の水分量も増加します。

更に赤ちゃんの分だけお腹や腰に負担が掛かり、血行やリンパの流れが悪くなるなどの条件が重なって、むくみが出やすい状態になっているようです。

妊娠中は体が普通とは違いますから、むくみには気を付け、体調管理することはとても大切です。

顔のむくみがなかなか取れない、タンパク尿が出た、高血圧といった症状があるなら、妊娠中毒症に罹っている可能性が非常に高くなります。

妊娠中毒症は赤ちゃんの成育にも影響を与え、早産や胎児仮死を起こすこともあり、妊娠中は発症しないように注意が必要な病気です。

顔のむくみから妊娠中毒症に気づくケースが多いので、朝起きたときなどは顔にむくみがないか、向こう脛を押してへこみが出ないかなどのチェックするようにしておくと早期発見に繋がります。

むくみが妊娠中に見られたら、しっかりした対策を行い、良い妊娠期間が過ごせるような食事や生活態度を心掛けましょう。