顔のむくみとストレス・タバコについて

///

///

顔のむくみとストレス・タバコ

顔,むくみ,ストレス,タバコ

顔がむくむ原因には、ストレスやタバコにも深い関連があることが分かっています。

ストレスは、顔のむくみ以外に健康面や精神面にも大きな影響を与えます。

ストレスは自律神経を疲労させ、体の機能を鈍らせますから、顔のむくみや肌荒れが出やすくなり、ふけて見える原因となってしまうようです。

また、ストレスを抱えていると、顔の表情も曇りがちになります。

無表情が多い事は顔の筋肉が使われないという事ですから、リンパの流れが悪くなって皮膚の下に老廃物が溜まりやすい状態になり、顔がむくみます。

それから、タバコを吸う方は、顔がむくむことがあるといわれます。

これは、タバコを吸う事で腎臓や肝臓などで動脈硬化が進み、その結果、顔にむくみが出るようです。

それに、タバコは体温を下げてしまう作用があるので、新陳代謝が下がって冷え性になり、顔や足がむくみやすくなります。

ストレスやタバコは健康を保つ為にも、避けたいものの代表格です。

体に多大な影響を及ぼしますから、スポーツなどでストレス解消を図ったり、タバコは控えるのが良いでしょう。

顔のむくみを取るには、規則正しく健康的な生活を送るのがベストとされるので、ストレスとタバコとは無縁な暮らしを送れるように気を付けてみませんか。